ボンデ鋼板を抜き・曲げを行い、それを用いてフレーム製作を行っております。

3.2tの鉄板を主に使用しており、内板と外板をこの後に取り付ける工程となります。