社長の杉山です。

NinbariのValue(バリュー、価値観)のお話。つまり、Ninbariが何を大切にしているか、というお話。

いきなりですが、マクドナルドのバリューセット(value set)って、すごい美味しいですよね。僕も子供のときから通算で何度食べたか数え切れません。たとえば、てりやきマックバーガーセット640yen。ほんとうに、何度食べたか分かりません。

セットだと640yen。

でも単品価格はいくらかというと・・・

  メニュー 価格
1. てりやきマックバーガー 340yen
2. マックフライポテト(Mサイズ) 280yen
3. ドリンク(Mサイズ) 220yen
  合計 840yen

単品で3つバラバラに頼むと、840yenになるわけですね。それを640yenで購入できるわけです。840yenの価値(value)のあるものを、640yenというリーズナブルな値段で買うことができる。だから「バリューセット(value set)」と呼ばれているわけです。価値あるモノを、お値打ち価格、ということです。

  メニュー 価格  
1. てりやきマックバーガー 340yen  
2. マックフライポテト(Mサイズ) 280yen  
3. ドリンク(Mサイズ) 220yen  
  合計 840yen →バリューセット(value set)だと640yen!

てりやきマックバーガーの話はもう終わり。なんでこの話をしたかというと、NinbariのValue(バリュー、価値観)を説明するためです。

NinbariのValue(バリュー、価値観)として、3つを謳っているのですが、お客様目線で一番大事なのは、2.です。

 

Ninbari Value(価値観)

ニンバリは…

1.人を大切に、人を育て、活かします。(社員満足)

2.ものづくりの技術のレベルアップによって高付加価値を実現し、顧客の問題解決のお手伝いをします。(顧客満足)

3.社会に認知され、信頼される会社を目指します。(社会満足)

どういうことかというと・・・

Ninbariは、関西のものづくり企業です。世の中には、「設計の専門会社」「板金の専門会社」「機械加工の専門会社」「組立の専門会社」があるわけです。例えば、そういった会社に個別に注文すると、こんな感じのコストがかかる装置があったとします。

  メニュー 価格
1. 設計費 20万円
2. 板金加工費 30万円
3. 機械加工費 30万円
4. 組立費 10万円
5. 諸経費 10万円
  合計 100万円

それをニンバリにまとめて注文していただくと、こんな感じにすることができる、というのが、以下の表です。

  メニュー 価格  
1. 設計費 20万円  
2. 板金加工費 30万円  
3. 機械加工費 30万円  
4. 組立費 10万円  
5. 諸経費 10万円  
  合計 100万円 →Ninbariのバリューセット(value set)だと85万円!

かんたんに言うと、「まとめ発注していただくことで、トータル支払を減らしていただける」ということです。つまり、お客様に100万円の価値(value)あるものを、お値打ち値段の85万円でお届けすることができる、ということです。これが、Ninbariのvalue(価値観)その2です。

NinbariのValue(価値観)その2

ものづくりの技術のレベルアップによって高付加価値を実現し、顧客の問題解決のお手伝いをします。(顧客満足)

ニンバリ目線で言うと、「商売の幅を増やし、なるべく一括手配していただくことで、高付加価値な仕事を受注する」ということです。ハンバーガーは作れるけど、チキンナゲットは作れない、とか言われると、バリューセット(value set)とは言えなくなってしまうわけです。「こんな加工はできない」とか「こういう材質は苦手」とか言わないようにすべく、技術のレベルアップを目指さないといけない、ということですね。

なぜこんな事ができるかというと・・・

  1. 横持ち費用を減らせるから(無駄な物流コストは悪)
  2. まとめ発注でとにかくたくさん受注し、加工ノウハウを蓄積することで標準化・習熟高度化をできるから(市場価格をリード)
  3. 設計から受注すれば図面改訂も含めた気軽な改善ができるから(設計から受注するというリスクをとることの対価)

といったところだと僕は思っています。

設計、加工、組立までをまとめ発注していただくことで、お客様に価値(value、バリュー)のある装置(この例だと100万円)を、リーズナブルなお値打ち価格(この例だと85万円)でお届けし、顧客満足を達成したい、というのが、「NinbariのValue(価値観)その2」で宣言していることです。

 

Ninbari社長、杉山俊輔