京豊エンジニアリング株式会社様の様々な製品(業務用炊飯設備)について、長年に渡る設計製作の実績があります。

 

【採寸、仕様打ち合わせ】

 

 

納入先工場を訪問し、仕様打ち合わせ・採寸などを行います。

【配置図案の作成】

配置図案をCADにて描き、お客様と一緒に最終案をつくっていきます。

配置図設計、構想設計、レイアウト設計といった段階から、お客様のニーズに合わせたご提案をさせていただきます。

お客様が工場を新設される場合には、建築業者様などとも打ち合わせをさせていただきます。

【部品図への展開】

 

 

配置図設計のご承認後、部品図に展開します。

【部品加工】

機械加工部品、薄板板金部品、製缶フレーム部品、購入品など、数千点に及ぶ部品を手配します。

機械加工、薄板板金、製缶加工のすべての部品について、一気通貫生産できるよう、社内加工する設備を保有しています。

加工材料も、鉄、ステンレス、アルミと、多岐にわたります。

【社内組立】

社内で全体組立している様子です。設計から組立まで、すべて社内でこなす生産体制を整備していますので、安心して生産委託していただけます。

お客様立会のもと、試運転調整及び、検査を受けます。安全対策や動線がお客様の思った通りのカスタム仕様になっているかを確認し、必要ならばこの段階で対策を打ちます。

立会検査完了後、解体し、現地工場に搬入します。

【現地搬入】

 

 

【完成引渡】

 

 

据付完了後、京豊エンジニアリング様や、関係業者様と協力しながら、試運転調整を行います。お米がきちんと炊ける瞬間まで責任もって立ち会います。

京豊エンジニアリング様は、「日本のおいしいお米を世界に広めたい」というビジョンをもって、事業展開されております。ニンバリも、このビジョンを100%共有しております。単に機械装置の外注先という位置づけではなく、「おいしいお米が炊ける」ところまでが当社の責任施工範囲だと認識しております。

京豊エンジニアリング株式会社様の公式ページはこちらです。